生活保護者はお金借りれる?キャッシングすると、生活保護はストップする?

生活保護者はお金借りれる?キャッシングすると、生活保護はストップする?

生活保護者はお金借りれる?キャッシングすると、生活保護はストップする?

 

生活保護者は基本的にキャッシングを利用することはできません。しかしどうやら、生活保護法という法律では保護受給者が借金をすることを禁止はしていないようです。法律で禁止されていないのならキャッシングを利用しても大丈夫だと考えるかもしれません。ところが世の中、法律で禁止されていなければなにをしてもいいということにもなりません。生活保護を受けている人が借金をすると大きなトラブルに発展する可能性もあるので、絶対にやめておくべきです。なにか困ったことがあったらケースワーカーに相談するようにしておきましょう。基本的にケースワーカーの指示に従っておけばトラブルにはならないはずです。

 

なぜ生活保護を受けている人がキャッシングを利用してはいけないのかというと、意味がないからです。それを具体的な例をあげて説明しましょう。生活保護受給者がお金に困ったのでキャッシングで10万円を借りたとします。当然ですが、これは申告しなければなりません。生活保護受給者が収入を得たら申告する義務があります。借金は一般的には収入ではありませんが、申告の対象です。

 

すると10万円の収入があったとみなされるので翌月移行の生活保護費から10万円が減額されます。これではまるで意味がありませんね。それどころか、「どうやって借金を返済すればいいのか」という問題に発展します。毎月の保護費から少しずつ返済していく予定だったのに、保護費が減額されたらそれができなくなるでしょう。結局、返済ができなくなって自己破産などをすることになります。

 

それでは申告をせずに内緒で借りたらどうでしょうか。もちろん、申告する義務があるのでそれをしなければ最悪の場合には生活保護を停止されます。バレないように借りるということが前提です。銀行口座に振り込みをしてもらったら、銀行口座をチェックされたときにバレます。ATMの利用記録までは通常調べられないので、基本的にはバレないでしょう。ここで誤解のないように書いておきますが、決してバレないようにお金を借りることを推奨しているわけではありません。もしもバレずにお金を借りることができたらと仮定をして、その結果どうなるかを考えてみることが目的です。

 

消費者金融からATMで10万円を借りたとします。大手の消費者金融なら月額返済額は3,000円程度ですむでしょう。毎月の保護費から3,000円を返済していくくらいなら可能でしょう。生活保護は健康で文化的な最低限度の生活を営める制度ですので、ギリギリ生活ができるレベルでなく、少しは余裕がある生活を送れます。しかし、あくまで最低限度のレベルですので、それほど余裕があるわけではありません。

 

「健康で文化的」な生活を送るためにいくらか余裕を残してくれているのに、その分を借金の返済にあててしまったら制度の目的を果たせなくなります。ギリギリの生活を送っているうちにますます生活保護から抜け出せなくなるのではないでしょうか。

 

このように、絶対に不可能なことではないものの、キャッシングの利用はしてはいけません。バレてしまったら申告義務違反でなんらかのペナルティを受け、最悪のケースでは保護を停止されてしまいます。仮にペナルティがなかったとしても、なんの得にもならないどころか利息分は必ず損をします。生活保護を受けている人はお金に困ってもキャッシングを利用せず、ケースワーカーに相談をして指示に従うべきです。

 

もしも内緒で多額の借金をしてしまったら、あるいはすでに借金があることを内緒にして生活保護を受けた人の場合にはどうなるでしょうか。その場合、自己破産をすすめられる可能性が高いです。目安としては100万円以上の借金があったら自己破産をすすめられるでしょう。少額の場合には任意整理をする、お金を貸してもらっている人・会社に待ってもらうという選択肢などがあります。自己破産をすると資産をすべて失いますが、生活保護を受けている人はそもそも資産を持っていないのでそのデメリットはありません。しかし、ブラックリストにのるというデメリットがあります。ブラックリストにのるとクレジットカードやローンの審査に通らなくなるので、社会復帰をするときにやや不便な思いをすることになるかもしれません。しかし、クレジットカードがなければ生活ができないわけではありませんし、デビットカードなどの代替品もあるので、多額の借金ができてしまった人はむしろ心配せずに早めにケースワーカーに打ち明けて自己破産をしてしまうべきでしょう。

 

最後に、そもそも生活保護を受けている人が消費者金融の審査に通るのかということについて考えてみます。基本的には生活保護を受けていたら審査に通る可能性はほぼゼロです。クレジットカードなら審査に通る可能性はありますが、消費者金融の審査にはまず通らないでしょう。いずれにても、借金はしないようにして、なにかあったらケースワーカーに相談をするのが正解です。

トップへ戻る