熊本市でブラックでもお金借りれる?キャッシングが必要なかたへ

熊本市でブラックでもお金借りれる?キャッシングが必要なかたへ

熊本市でブラックでもお金借りれる?キャッシングが必要なかたへ

熊本市でブラックでもお金借りれる?キャッシングが必要なかたへ

 

お金を借りる方法としては銀行と消費者金融などがあります。

 

金融会社を利用する場合には返済に関しての信用力が必要になります。

 

信用力がない場合には、審査に通ることはほぼ不可能でお金を借りることはできません。

 

信用力のもととなるのは年齢と日本に居住しているかどうか、また安定した収入の有無や他社からの借入れの有無や借入れている場合にはその金額などです。

 

過去の借入れ実績なども信用力も大きく影響してきます。

 

借入れを行うさいの最低条件としては、年齢が対象年令の範囲内であることです。

 

多くのケースとしては20歳以上の成人を対象としており、上限は65歳から70歳程度が設定されます。

 

20歳以上の成人としているのは未成年者の場合には民法で保護されています。

 

保護者の同意がないまま契約を結んだ場合には保護者が一方的に契約を破棄できるためです。

 

このため成人であることがお金を借りる条件といえます。一方で、上限年齢は会社によって変わってきます。

 

銀行などの場合には65歳を上限としているところがほとんどで、消費者金融の場合には70歳を上限としています。

 

これは安定して収入を得られる年齢ということが影響しています。

 

ただし上限年齢に関しては、あくまでも一般常識として安定して収入を得られることができる年齢というだけであって、この年令を超えてでも融資を行っているところもあります。

 

一方で、収入に関しては安定した収入の範囲内での融資となります。

 

貸金業法でも原則として年収の3分の1までしか融資できないようになっています。

 

その範囲内でのお金の借入れが一般的です。

 

特に借入れをするさいに問題となるのが、金利の高さです。

 

日本の法律では上限金利は年率20%となっており、その範囲内での金利が設定されます。

 

消費者金融の場合には上限金利に近い年率18%での貸し出しが一般的です。

 

借り入れた金額に対して12回払いとした場合にはおおむね1割程度の金利を支払う必要になります。

 

このため銀行や消費者金融ではこれらの金利を含めた返済額を返済できるだけの収入があることがお金を借りる時の条件になります。

 

また過去に借入れに何らかの問題があった場合には審査に通らないケースがあります。

 

これは信用情報機関に登録されているもので事故情報と呼ばれるものです。

 

問題のある利用者の情報を共有することで過剰な貸付やそれにともなう貸し倒れを防ぐためのものです。

 

利用者からはブラックリスト入りするとも呼ばれるものです。

 

ブラックになると十分な収入があっても銀行や消費者金融であれば新たな借入れが困難になります。

 

一方でブラックでも借入れが可能なのが街金と呼ばれる業者です。

 

基本的には零細の消費者金融になりますが、多少の信用力が悪化している状態でもお金を貸してくれます。

 

ただし金利は高めですし法外な金利を設定しているところもあります。

 

またいわゆる闇金と呼ばれる業者も街金のひとつになるため注意が必要です。

 

街金はその名の通り、比較的大きな街でしか経営が成り立たないため都会にある貸金業者になります。

 

熊本市は古くから栄えた九州の都市であり街金も多くあるため、熊本市でブラックでも借りられる街金は比較的簡単に見つかります。

 

また古くから営業している街金もあれば新規開業した街金もあるため選択肢も豊富ですが、まっとうな業者を選ぶ必要があります。

 

特に悪質な街金から借りるとブラックであることをつけ込んで返しても返しても返済が終わらない状態になるリスクがあります。

 

このため街金から借りる場合には出来る限り優良の業者を選ぶ必要があります。

 

なお、どの街金でも本人に返済能力があればお金を貸してくれます。

 

しかし他の街金から借りている場合には返済不能になるリスクが高いため審査に通らないケースがあります。

 

熊本でお金を借りたいならこのページもチェック

 

→ アコムなら30日無利息なので超お得

 

→ プロミスは在籍確認の電話の相談に乗ってくれます。しかも30日無利息

 

熊本市でお金借りたいけどブラックリストに載っているかもしれない。キャッシング借りれる?

 

熊本市でブラックでもお金借りれる?キャッシングが必要なかたへ

 

熊本市に住んで生活をしていると、何らかの事情や目的でお金が必要となる機会がしばしば訪れます。

 

このとき、手持ちのお金では足りない場合は、銀行や消費者金融からお金を借りたり、

 

クレジットカードのキャッシング枠をつかって必要な現金を引き出すことを考えるでしょう。

 

しかし、申込者の情報がブラックリストに掲載されていると、キャッシングやカードローンなどでお金借りることは極めて困難になります。

 

ブラックリストとは、正式には事故情報といい、金銭消費貸借契約を結んでいる最中に一定の行為を行った場合に、

 

国が指定する信用情報機関に登録される情報のことを指します。

 

登録される行為としては、債務整理を一度でも行った場合や、

 

金銭消費貸借契約に違反する行為をして強制的に解約させられた経験がある場合、

 

過去に期日までに返済金を口座に入金できなかったり、

 

口座内の預金が不足していて返済金を引き落とすことができなかったことがある場合などがあり、

 

銀行や消費者金融会社はこれらの行為のうちのいずれかが行われたことを確認したら、すぐに信用情報機関に登録を行います。

 

過去に上記のうちのいずれかに該当する行為をしてしまった人であれば、

 

お金借りたいときにブラックリスト入りをしてしまっているかもしれないと考えることが多いでしょう。

 

もし、自己破産や個人再生手続をしたことがあれば、官報などで公表された段階で信用情報機関への登録が確実に実施されるため、

 

銀行や消費者金融に申し込む時点でブラックリストに載ったままになっている可能性があります。

 

一方で、返済金の支払いの遅れに関しては、2〜3ヶ月以上遅れた場合だと延滞とみなされて確実にブラックリストに入れられ、

 

お金の借り入れは断られる可能性がありますが、数日程度の遅れを1回だけ行った程度であれば、

 

キャッシングやカードローンの審査を通過できる場合があります。

 

ただし、返済の遅れを何度も繰り返していた場合は、ブラックリスト入りをしているおそれがあります。

 

実は、ブラックリスト入りをした経験があっても、経験した時期がはるか昔だった場合だと、お金借りることができる可能性があります。

 

なぜかというと、事故情報は登録日から一定の期間が経過すれば個人信用情報から削除されるからです。

 

事故情報が登録されてから削除が行なわれるまでの期間は、登録された理由ごとに異なっており、また信用情報機関によっても違いがありますが、

 

登録理由が延滞だと1〜5年、任意整理や強制解約だと5年、自己破産だと5〜10年は信用情報機関に登録された状態が続きます。

 

もし、事故情報として登録された時期が申し込みをした日から10年以上前だったのであれば確実に、5年以上前だった場合は、

 

登録された原因が自己破産ではない限り、お金借りることができる可能性があります。

 

ただし、事故情報のきっかけとなった銀行や消費者金融会社に申し込むのは、申込者の借り入れや返済の履歴が顧客情報として保管されている可能性があるため、避けたほうが良いでしょう。

 

→ AUユーザー必見のキャッシングサービス

トップへ戻る