新生銀行レイクの在籍確認 会社や勤務先連絡ある?

新生銀行レイクの在籍確認 会社や勤務先連絡ある?

新生銀行レイクの在籍確認 勤務先連絡ある?

 

新生銀行レイクの在籍確認は原則としてあると考えておいたほうがいいでしょう。

 

レイクのWEBサイトには自宅・勤務先に連絡する場合があると記載されています。

 

連絡をするかどうかは審査状況も踏まえて判断されるので、在籍確認はあると考えて申し込むのが無難でしょう。

 

連絡は担当スタッフの個人名でかけてくれますが、新生銀行名で連絡することも可能です。

 

勤務先としても銀行から連絡がきたなら、ローンだとは思わないかもしれません。

 

個人名で連絡がくると逆に怪しまれそうだと考える方は、新生銀行名でかけてもらいましょう。

 

詳細についてはお客さま専用フリーダイヤルから聞くことができます。

 

カードローンに在籍確認があるのはめずらしいことではなく、95%以上のローンには存在すると考えてよいでしょう。

 

避けることばかりを考えていると疲れるので、100%あるものだと考えておくとよいです。

 

そもそも仕事をして収入を得ているなら、勤務先に在籍確認をされても問題ないはずです。

 

万が一ローンの利用がばれたら困ると考える方もいますが、その可能性は極めて低いです。

 

消費者金融名で連絡がくればばれるでしょうが、個人名ならばれることはないでしょう。

 

職場側としては個人名で連絡を受けても、どこの金融機関か判断することはできません。

 

ローンだと特定することもできないので、ばれることはないわけです。

 

もし不安なら銀行で口座開設をしたので、連絡がくるかもしれないと勤務先に伝えておくといいでしょう。

 

ローンの在籍確認だとはっきりと勤務先に伝える方もいますが、伝えるメリットはないので避けたほうがよいです。

 

カードローンやキャッシングなどによくないイメージを抱いている方は少なからずいます。

 

勤務先連絡が行われる理由は、審査内容に相違がないか確かめるためです。

 

最近のカードローンは50万円以内の借り入れだと収入証明が必要ないものが多いです。

 

本人確認書類だけで申し込みができますが、そうすると無職・無収入で申し込みしようとする方も増えてきます。

 

無職であれば返済能力を有していないので、借りてもすぐに返せなくなるでしょう。こうしたリスクに備えるために、金融機関側は職場連絡をするわけです。

 

新生銀行レイクで借り入れするためのハードルを少しでも下げるためには、ちょっとだけ借りることを意識してみましょう。

 

限度額を少しでも大きくしようと欲が出てしまうことはありますが、大きくするほど審査のハードルは上がります。

 

審査の合否は希望額に大きく左右されるため、無理な借り入れはしないようにしましょう。

 

必要な分だけを借りるのがコツで、そのためには節約も必須になります。

 

借り入れ希望額を少なく抑えておけば、新生銀行レイクの在籍確認をなしにできる可能性もあるでしょう。

 

在籍確認という行為は金融機関においてリスク回避なので、少額の希望額に抑えておけば連絡なしになることもありえます。

 

審査に通過しやすくするためにも、無理な借り入れはしないようにしてください。

 

→ 無利息キャッシングで、一か月金利なしでお金借りれる金融会社は

 

 

新生銀行レイクカードローンの審査基準

 

新生銀行レイクカードローンは、もともとは消費者金融なので、審査基準は比較的甘めという意見もあります。

 

その一方で、銀行カードローンとなったことで、審査基準が難しくなっているという意見もあります。結局のところは、審査を受けてみないとわからないということになります。申込みのタイミングによっても、難易度が変わってくるようです。

 

審査基準としては、年収が一番重要になるでしょう。ただし、年収がいくら高くても、それ以上に借金があったら信用がありません。

 

年収から借金の年間返済額を引いた金額が、基準となると考えましょう。

 

しかし、年収が1000万円でも、消費者金融4社から金利18%で合計200万円の借金がある場合には、かなり厳しくなるでしょう。

 

借りている金利や、借入件数なども重要になります。同じ200万円の借金でも、金利3.0%で自動車ローンを借りている場合などには、それほど不利にはならないでしょう。

 

次に重要になるのが、勤続年数です。正社員として働いている人は、定年まで安定して収入を得られると見込まれます。

 

ところが、勤続年数が1年くらいの人は、すぐに辞めてしまう可能性もあります。勤続年数は長ければ長いほど、信用があります。

 

1つの会社で長く働ける人のほうが、転職を繰り返している人よりも信用があるのです。

 

派遣社員や契約社員の人は、契約が終わると失業をしてしまうリスクがあります。

 

契約社員の人は5年間働き続けたら正社員になれると言われていますが、その前に契約を切られてしまう可能性もそれなりに高いです。

 

派遣社員よりも契約社員のほうが有利であるという意見もありますが、派遣社員でも専門的な職業に就いている人は高い収入を得ているので、ケースバイケースです。

 

新生銀行レイクカードローンでは、10万円からの借り入れが可能ですので、無理のないお金を借りるくらいなら、それほど難しくはないようです。

 

年収が300万円くらいのアルバイトの人でも限度額30万円くらいならば借りられるという意見もあります。

 

ある意味で一番重要になるのが、個人信用情報になるでしょう。過去に延滞をしている人は、今後も同じように延滞を繰り返すというイメージを持たれてしまいます。

 

新生銀行レイクカードローンでは、1回でも延滞をした記録があると、不利に働くようです。

 

しかし、1回や2回くらいの延滞があるだけならば、年収などのその他の属性が良い人ならば、審査に通るという考え方もあります。総合的な属性が重要になるということです。

 

そのほかには、年齢、居住年数、居住形態などが重要になります。

 

住宅ローンが残っていても、マイホームに住んでいる人は賃貸で暮らしている人よりも有利になります。

 

一番有利なのは、ローンを完済しているマイホームに住んでいる人です。住宅という資産を持っているので、いざとなったら住宅を売ってお金を作ってくれるということが期待できます。
土地などの資産を持っている人も、信用があります。

 

 

新生銀行レイクカードローンは無利息で借りれる?

 

金融機関で借入を行う場合、利息がつくのが普通です。金利は人によって変化しますが、初めての借入では上限金利が適用されることがほとんどです。

 

できるだけ利息は低くしたいという人に対して、金融機関の中には無利息サービスを行っていることがあります。

 

一定の条件を満たした場合に、無利息で借入可能になるものです。

 

新生銀行レイクには、2種類の無利息期間サービスがあります。多くの消費者金融で見られるのは30日間無利息というサービスですが、新生銀行レイクではもう1つ、180日間無利息サービスというのがあります。

 

30日間も180日間も、基本の条件は、初めて新生銀行のカードローン「レイク」を契約した人です。無利息期間が契約した翌日からスタートするというのも共通です。
違いは、無利息になる上限金額と、契約金額です。

 

30日間の場合は無利息になるのは借入全額で、適用になる契約額は1万円?500万円です。

 

それに対して、180日間の方は無利息になる上限金額は5万円までで、適用になる契約額は1万円?200万円までです。長めの場合は上限金額と契約金額が少なくなるということです。

 

しかし、5万円を借りて借入した場合でも、5万円分は180日間の無利息サービスを利用して、超えた分だけ利息を払うという使い方もできます。

 

無利息サービスについて注意しておきたいのが、無利息期間でも返済日はあるということです。

 

無利息期間中でも、返済日がきたら返済しなければいけません。利息がかからないというだけで、返済しなくてもいいというわけではないので注意しましょう。

 

利息はかからないので、その期間に払った金額を元金に充てることができます。

 

また、無利息期間中に返済が滞ってしまうと、無利息期間が停止されてしまいます。

 

例えば180日間の無利息で、もしまだ100日しか利用していなくても、100日の時点で返済が停滞していたらその後の80日分はその翌日から利息が発生しますし、さらに遅延損害金まで発生してしまいます。

 

無利息期間中は1回しか借りられないわけではなく、期間中であれば何度でも無利息で借りることができます。

 

ただし、180日間の無利息を選んだのであれば、5万円までしか無利息になりません。

 

なので、5万円借りて3万円返し、新たに2万円借りるというような借り方であれば、上限金額の5万円は超えないので、180日間の間は無利息で借りることができます。

 

新生銀行レイクの無利息サービスは30日間と180日間がありますが、併用することはできません。

 

どちらか1回しか使えないということです。30日間の無利息サービスを使った後に180日間の無利息サービスを使うというような使い方はできません。

 

初回限定のサービスなので、どちらを使うか慎重に選んだほうがいいです。

 

例えば、少額借入で、ゆっくり返済を行いたいのであれば180日間の無利息サービスを選ぶほうが適しているでしょう。

 

 

新生銀行レイクカードローンの審査口コミ

 

私は以前カードローンを利用した経験があります。私は大学を卒業してすぐに働きはじめました。そして初めてもらったボーナスで全身脱毛の施術を契約したのです。

 

約1年間通って、全身がとてもつるつるすべすべになり、とても満足しました。しかし、その後、体のさまざまな部分が気になるようになり、エステでいろいろな契約をしてしまいました。

 

大学生時代にアルバイトでためた貯金はすぐに底をついてしまい、エステの支払いや、公共料金の支払い、携帯電話の支払いも難しくなってしまいました。

 

お金に困った私は、まず最初に両親に相談しました。しかし両親は、私にだけ大学にいかせたので、私に渡すお金はもうないと言いました。

 

必ず返すので貸してほしいと言いましたが、その当時、下の弟が大学に通っていて大学費用が必要で、その余裕はないと言われてしまいました。

 

その他に友人数人にお金を貸してほしいということを言いましたが、どの友人もお金に余裕はなく、お金を貸してもらうことはできませんでした。

 

私が反対に頼まれる立場だった場合には、自分も貸すことはできないので、みんな当然の判断だとは思います。

 

お金に困った私は、仕方がなく消費者金融でお金を借りることを決めました。

 

様々な消費者金融があり、どこの消費者金融を利用すればよいか全くわからなかったので、まずはインターネットでそれぞれの特徴などを調べてみることにしました。

 

いろいろな消費者金融を調べていて私が気になったのが新生銀行レイクカードローンでした。

 

利用条件を見ると満20歳以上70歳以下で、安定収入があることだけが条件となってきました。

 

安定した収入があればパートやアルバイト、自営業や学生でも申し込みをすることができるということでした。

 

私は働き始めてからまだ年数がたっていなく、また、それ程収入がよいわけでもありません。

 

消費者金融を利用できるかどうか心配でしたか、銀行系カードローンということもあり、安心感もあり、新生銀行レイクカードローンを利用することを決めました。

 

私はほかの人に消費者金融を利用している姿を見られたくなかったので、自宅でインターネットを使って手続きをすることにしました。

 

申し込みから返済まで、すべての手続きがホームページ上で完結するということも大きな魅力でした。

 

またエステサロンの支払いや公共料金の支払いの期日が迫っていたので、とにかく早くお金を借りたかったのです。

 

申し込みの後にすぐに仮審査の結果が出て、審査は約40分ほどかかりました。

 

新生銀行レイクカードローンでは、二つある無利息期間サービスの中から、どちらか一方を選ぶことができました。

 

私の希望額では30日間の無利息期間を適用した方がお得だったので、こちらを利用しました。

 

借り入れはホームページから会員ページにログインして、即日振り込みを選ぶことで、指定口座に入金してもらえることができました。

 

現在は毎月一定額を返済中ですが、定型ATMを使えば、手数料も無料で、とてもありがたいです。

 

これからは節約を意識して、しっかりと返済していきたいと思います。

 

新生銀行レイクカードローンでお金の借り換えは可能?

 

新生銀行レイクカードローンでお金の借り換えは可能です。実際、借り換え目的で利用している人も多くいます。

 

借り換えの目的でカードローンを借りるための条件としては、まずは金利が低いこと、そして限度額が高いことが挙げられるでしょう。

 

新生銀行レイクではこの条件を二つとも満たしています。

 

まず一つ目の条件ですが、これは借り換えに際して必須とも言えるものです。

 

そもそも何のために借り換えをするのかというと、利息の支払いをできるだけ少なくするためです。

 

支払う利息、お金が少なくなるからこそ、わざわざ借り換えという手続きを踏むだけの意味があるのです。

 

借り換えの意味はこれだけではありませんが、その他の理由はごくごく小さい、付随的なもので、利息の支払いを小さくすることを超えるようなものはまずありません。

 

言い換えれば、利息の支払いが少なくならない限り、その他の利点がいくらあっても借り換えをするだけの意味はないということです。

 

新生銀行レイクのカードローンは銀行のカードローンですから、少なくとも消費者金融のカードローンに比べると金利が低いです。

 

標準的な数字を挙げますと、消費者金融が年利18%とすれば、新生銀行は15%で済みます。

 

たった3%と思われるかもしれませんが、計算してみると決して無視はできない金額になります。

 

例えば合計して100万円を消費者金融から金利18%で借りている場合、これを15%の金利で借り替えて金利が3%低くなるということは、100万円の3%、つまり3万円が年間にして少なくなるということに相当します。

 

年間で3万円というのは決して小さくない数字でしょう。

 

少なくとも、わざわざ借り換えという手間のかかる手続きを行うだけの価値はあると言えるはずです。

 

もう一つは、限度額の高さです。一般的に、借り換えを考える人というのは既に複数件の借り入れをしていることが多いです。

 

それだけ合計の融資額は大きくなっているわけで、これをまとめて借り換えようとするわけですから融資の限度額はそれなりに高くなくてはなりません。

 

限度額が低いと、いくら金利が低くても思っただけの金額を借りることができず、結局手間だけかかってどっちつかずの結果に終わることになりかねません。

 

この点でも新生銀行レイクは有利です。限度額は500万円までとなっていますから、大抵の融資に対応できることでしょう。

 

またよく誤解されるのですがレイクは銀行のカードローンであって消費者金融のカードローンではありません。

 

これは実は大きな違いで、総量規制の影響を受けないというメリットがあるのです。

 

より具体的に言うと、消費者金融では総量規制の影響を受けます。

 

年収の三分の一を超えるような融資は受けられないのに対して、銀行のカードローンの場合はそういう規制の影響を受けないことになっていますから、年収の三分の一を超える金額であっても融資を受けられる可能性があるのです。

 

トップへ戻る