スターカードローンとバンクベストの違いと毎月の返す額

スターカードローンとバンクベストの違いと毎月の返す額

スターカードローンとバンクベストの違いと毎月の返す額

 

スターカードローンとバンクベストの違いと毎月の返す額

東京スター銀行ではスターカードローンという商品が提供されているのですが、実はそれ以外にも類似した商品が1つあります。

 

バンクベストという商品なのですが、それは毎月の返済額が異なってきます。

 

スターカードローンよりもバンクベストの場合は、毎月の返済額がやや高めな商品となります。

 

例えば借りている時の残高が、170万円になっているとします。

 

前者の商品の場合は、約定日になった時に返す額は3万円になるのです。

 

ところが後者の商品の場合はそれよりも高めな金額で、4万円になります。

 

それと残高が270万円の時は、前者は35,000円なのですが、後者は55,000円になります。

 

やはり後者の方が、毎月2万円ほど高いという事になります。

 

つまり前者の方が後者よりも毎月の返済額が少々低めになっているのですが、

 

それは借りている側にとっては大きなメリットだと考えられます。

 

毎月返す額が少々高めになっているば、その分返済が大変で一面があります。

 

しかし前者の商品のように低めになっていれば、その分毎月の負担も減ってくるでしょう。

 

つまり前者の商品の方が、返しやすい一面があるのですね。

 

毎月の負担を抑えたいと考えているならば、スターカードローンの方が良いと考えられます。

東京スター銀行スターカードローンのおすすめポイントについて

東京スター銀行のスターカードローンの金利は保証料込みで、年率4.5%〜14.6%です。

 

上限金利14.6%は消費者金融の18%と比べると当然低く、また銀行カードローンのなかでも低い設定です。

 

メガバンクである三菱東京UFJ銀行カードローンと同じ上限金利なので、金利の面ではスターカードローンは利用しやすいローンです。

 

そのうえ、メガバンクのローンよりも融資申し込みの審査がスピーディーです。最短では申し込んだその日のうちに審査が終わりキャッシングもできます。

 

これは消費者金融の審査にも劣らないスピードです。

 

申し込み自体も、来店や郵送の必要はなくパソコンやスマホからできるのでとても便利です。

 

契約もWEB上ででき、運転免許証などの必要書類も画像をアップデートするだけでOKです。

 

申し込み・契約の手続きの簡単さは従来の銀行カードローンに比べて圧倒的です。

 

金融機関の審査なので、身分証明に健康保険証の画像も必要だったり、東京スター銀行の口座を開設しなければいけなかったり、

 

と消費者金融に比べて必要な手続きは多いですが、いずれもWEB上で完結できるので、大した手間ではありません。

 

東京スター銀行の口座については、その後のキャッシング利用や返済のときに利用することもできるので、開設しても損はないです。

 

このように東京スター銀行のスターカードローンは、消費者金融に匹敵する手続きの簡単さと銀行カードローンの中でも上位にくる金利の安さを実現したおすすめのキャッシングです。

 

 

スターカードローン審査基準 専業主婦でもお金借りれる? 東京スター銀行は審査厳しい?

 

東京スター銀行は、二つのタイプのカードローンサービスを取り扱っています。一つ目がカードローンタイプのスターカードローン、もう一つがネットタイプのバンクベストと呼ばれるものです。申し込みを行う際にはどちらのタイプであってもインターネットから申し込みを行うことができますが、その後の借り入れや返済についてATM、もしくはインターネットバンキングを選択するかにより、ローンのタイプが分かれます。スターワン口座を事前に持っていれば、10万円までであれば口座に振り込む形で即日融資にも対応するなど、利用者の様々なニーズに合わせたサービス展開がなされています。

 

東京スター銀行が取り扱っているこの二つのタイプのカードローンは、総量規制の対象とはなりません。総量規制とは利用限度額を年収の3分の1までにすると定められた法律であり、銀行カードローンの場合には銀行法のもとに運営を行っているため総量規制の対象には含まれません。そのため東京スター銀行のスターカードローンは、収入がない専業主婦であっても借り入れが可能となり、収入の少ないパートやアルバイトであっても年収の3分の1以上の借り入れができることになります。総量規制の対象となる消費者金融の場合には、収入がない専業主婦の借り入れはできないので、もしも専業主婦がキャッシングをしたいのであれば、東京スター銀行のような銀行系のカードローンを選ぶ必要があるでしょう。

 

スターカードローンの特徴としては、即日重視に対応しているという点です。スターカードローンを契約するためには、東京スター銀行の口座を開設する必要があります。即日融資が受けられるのはスターワン口座を開設している人だけです。口座が開設済みであり即日融資を受けたいのであれば、平日の午前9時半までに申し込みを終わらせる必要があります。

 

この時間までに申し込みが終われば在籍確認や審査がスムーズに進み、午前中にインターネットで契約手続きをすべて終わらせることで、即日融資は可能となります。即日融資はスターワン口座に上限10万円までの振り込みが可能となります。しかし審査の内容によっては即日融資ができないこともあり、土日や祝日の即日融資は審査が行われていないのでできません。

 

スターカードローンは、全国のATMを利用すれば借り入れや返済をすることができます。毎月の最低返済額がローン残高の30万円以下であれば月5000円ですが、バンクベストの方はローン残高が50万円以下になると月1万円となってしまいます。バンクベストの方が返済額の設定が高いので、負担を少なくするためにもスターカードローンを選択した方がよいでしょう。

 

 

スターカードローンを申し込みたいと思った時に気になるのがやはり審査と言えるでしょう。東京スター銀行の審査基準は公開されていませんが、一般的に審査は滞りなく断続的に返済できる人物であるかどうかを見極めるために行われます。継続的に支払いができると判断された人物は、スターカードローンの審査基準を満たしているといえるでしょう。

 

スターカードローンの融資の限度額や金利については、審査の結果により決まります。具体的には返済能力をはかることになり、返済能力が高ければ高いほど限度額も優遇されるといえるでしょう。スターカードローンの融資可能限度額は10万円から1000万円の範囲内で、その人の返済能力に見合った金額が設定されることになります。そして審査の際には、在籍確認が行われることとなります。

 

東京スター銀行もほかの銀行や消費者金融と同じように、職場への電話連絡をもって在籍確認を行います。電話での在籍確認があるとなると、会社にカードローンを利用することがばれてしまうのではないかと心配になる人もいるかと思いますが、東京スター銀行が行う在籍確認の電話では、担当者は社名を一言も名乗らずに個人名が名乗られることになります。

 

基本的には借り入れの事実がばれてしまうことはないでしょう。東京スター銀行が行う在籍確認については、電話のタイミングを借り入れの希望者が指定することも可能です。申し込みを行った後に、東京スター銀行からこれから在籍確認を行いますという連絡が入るので、その際に自分の都合のいい時間帯を伝えておきます。

 

在籍確認については本人がいなくても行えるため、たとえ会社にいないタイミングを指定したとしても特に問題はありません。本人には収入がない専業主婦の場合には、東京スター銀行が在籍確認を行うことはありません。収入のない専業主婦が生活できているということは、配偶者に一定の収入があることを証明しているからです。

 

高額なお金を借り入れしたいと考えるのであれば、低金利の東京スター銀行スターカードローンは非常に魅力的と言えます。返済期間が比較的長くなる高額な借り入れを行う場合には、非常に大きな助けとなるでしょう。金利が安いため、最終的に支払う金額は少なめに抑えることができます。

トップへ戻る